coffee-171653_1920


コーヒーを売らないスターバックス


普通に考えればそんなことはないのだが


これの意味することは


スターバックスのセールスポイントは「コーヒーではない」


世の中のビジネスには表と裏がある


というと怪しい感じがするが


要は「提供している本当の価値」のこと


スタバの例でいくと


スタバはコーヒーを売っているが


多くのお客さんは「コーヒーが美味しいから」来ているわけではない


実はスタバの提供しているものは「おしゃれ」


多くのお客さんはあの空間を求めてやってくる


中にはフラペチーノが好きという人もいるかもしれないが


フラペチーノがコメダ珈琲で販売されていたら買っていただろうか?


見た目も含めて「スタバブランド」だから買っていのるのではないか?


逆にコメダの売りは何だろうか


もちろん「おしゃれ」ではない


コメダの売りは「井戸端会議場」だと考えている


お年寄りでも気軽に入りやすい、馴染みやすい空間


チェーン店なのに個人経営の小さなお店を感じさせる空間


それが居心地の良さに繋がり


多くのお客さんが訪れる



このようにビジネスには表と裏があり

裏側、つまり本質が見抜けるようになると

投資や自分のビジネスがうまくいくようになる



人気ブログランキングへ